【3分で歌が上手くなる方法】「上達したいならボイトレスクールに行くな!」サビの高音で何度も裏返る地声の低い男が家にこもるだけで”好きな曲の高いサビが歌える”ようになった方法

このブログでは、「カラオケ精密採点で90点を取るほどの歌唱力を手に入れたい」「喉声でどうも高い声が出ないから、その原因と治し方を知りたい」「高い声がかすれて裏返るから、高音の出し方が知りたい」「声量がないから、いい発声と喉の開き方を知りたい」「音楽教室に行くのは手間だから、手っ取り早く上手くなる方法ないかな」そう思うあなたに、喉の閉まらない歌い方のコツから高い声の出し方まで、おすすめのボイトレ法や短期間で上手くなる効果的な方法を「家で練習」することができる。そんな情報を記事にしてお届けします。

タイプ別ビブラート4つの出し方(どんな歌手の曲でも使えるビブラートのかけ方!)

ブログの全体がわかる”目次記事”はこちら

前の記事はこちら

次の記事はこちら

僕が「ボーカルプロデューサー」なワケ 

 

今回は、

ビブラートを出す4つの方法について

お伝えしていきます。

 

f:id:uta-karaoke:20170531142823j:plain

 

んにちは

ボーカルプロデューサーのよこです。

いつも読んでいただき

ありがとうございます!

 

メルマガ、ブログでの、

ご質問、ご感想もたくさんいただき、

ありがとうございます。

 

 

「ビブラートができるようになりたい」

「歌の表現力を高めたい」 

 

そんなあなたは必見です!

 

ビブラートができるだけで・・・

 

歌うときにビブラートができるだけで、

歌の上手さが2割増しで上手く聞こえます。

 

表現力も上がるので、

カラオケの点数も上がりますし、

 

聞いている人に「上手いな」

と思ってもらいやすくなります。

 

これからお伝えするのは、

どんな人でも、

 

確実にビブラートを出すことができる。

そんな方法をお伝えします。

 

 

どんな音痴も確実にビブラートを出す4つの方法

 

f:id:uta-karaoke:20170531143143j:plain

 

これから、

4つのビブラートの出し方

ご紹介していきます。

 

方法1 ドギーブレス法

方法2 母音強調法

方法3 音程上下法

方法4 強制的ビブラート発声法

 

これを実践すれば、

今までできなかったビブラートが

確実に出せるようになります。

 

 

方法1 ドギーブレス法

 

f:id:uta-karaoke:20170531143232j:plain

 

ドギーブレス(ドッグブレス)

は一時期ダイエットでも流行りましたね。

 

言葉は聞いたことあるかと思いますが、

ドギーブレスを応用して、

ビブラートが出せるようになります。

 

 

~ドギーブレス法を実践!~

 

 

STEP1

口の力を抜いた状態で

口を「あ」の形に空けます。

 

STEP2

STEP1の状態で「ハッハッハッ」

と1分間呼吸します。

(この時に吸う息と吐く息の量が

同じになるように気をつけてください。)

 

STEP3

1分終わったら、

「あーーーー」

と声を出してみて、

 

STEP2でやった呼吸の感覚を混ぜていくと

「あぁ~あぁ~」

となり、自然にビブラートが身につきます。

 

 

方法2 母音強調法

 

f:id:uta-karaoke:20170531143309p:plain

 

方法1でご紹介した

ドギーブレス法をやっても、

イマイチビブラートにならない

 

という方は、

これからお伝えする、

母音強調法を実践してみてください。

 

この方法は、

文字通り母音を強調して

ビブラートに変えていく方法です。

 

 

~母音強調法を実践!~

 

 

STEP1

「あーーー」と普通に声を出します。

 

STEP2

「あ」「ぁ」のように声に強弱をつけて、

(声を前と後ろに出す感覚です。)

交互に発音します。

 

STEP3

「あーぁーあーぁーあ-ぁ-あ-ぁ」

と少しづつ早くしていきます。

次第にビブラートになっていくのがわかると思います。

 

 

方法3 音程上下法

 

f:id:uta-karaoke:20170531143414p:plain

 

方法1と2は息の量でビブラートを

コントロールするのに対し、

 

この方法は、

単純に音程を上下させて

ビブラートにしていく方法です。

 

少しテクニカル出はありますが、

この方法が出しやすいという方も

いらっしゃるので、

 

方法1と方法2を試しても

まだできないという方は実践してみてください。

 

 

~音程上下法を実践!~

 

 

STEP1

「あー」と声を出します。

 

STEP2

そのまま1秒キープ。

 

STEP3

そこから半音下げて1秒キープ。

 

STEP4

そこから半音あげて(音をもどして)

1秒キープ。

 

STEP5

半音下げ1秒キープ。

 

STEP6

STEP1~STEP5を繰り返す。

 

STEP7

半音下げる秒数をどんどん短くしていく


感覚を短くするにつれて、

ビブラートに聞こえてきます。

 

 

方法4 強制的ビブラート発声法

 

f:id:uta-karaoke:20170531143609j:plain

 

以上、3つのビブラートを

出す方法をご紹介しましたが、

 

それでもどうしてもできない。

 

という方は

これから

「強制的にビブラートを出す方法」

 をご紹介します。

 

これで、どんな人でも、

100%ビブラートを出す感覚がわかります。

 

 

~強制的ビブラート発声法を実践!~

 

STEP1

両手で手刀を作ります。

 

STEP2

みぞおちにめがけて、

STEP1で作った手刀を突き刺します。

 

STEP3

「あー」と声を出します。

 

STEP4

声を出したまま、

みぞおちに当てた手刀を

ぐっとみぞおちに食い込ませます。

 

STEP5

食い込ませた手刀の力を楽にして、

戻します。

(この時も声を出したままです。)

 

STEP6

STEP4~STEP5を繰り返します。

 

STEP7

みぞおちに食い込ませる間隔を

短くしていきます。

 

STEP8

自然な間隔でできたら、

今度は手刀なしでビブラートを出せるよう

練習していきます。

 

この動画の最後に

強制的ビブラート発声法の

実践しているところがあります。

 

 

自分に合ったビブラートの出し方を使いましょう!

 

f:id:uta-karaoke:20170531143732j:plain

 

方法1でビブラートを出せる人もいれば、

方法2で出せる人、

方法3、4で出せる人、

それぞれいらっしゃると思います。

 

どの方法が一番いいということはなく、

自分が一番出しやすい方法を

やっていくのが一番です。

 

ぜひ、

すべての方法を試すことができるように、

この記事をお気に入り、

もしくはブックマークしておいてください!

 

今回はこの辺で!

 

 

ブログの全体がわかる”目次記事”はこちら

前の記事はこちら

次の記事はこちら

僕が「ボーカルプロデューサー」なワケ

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

発行責任者:よこ

公式LINE@ @eal7276b

友だち追加

公式YouTube よこ@精密採点72点⇒90点台練習法

 

公式Twitter @karaokeyoko

公式Instagram seimitsu90over

f:id:uta-karaoke:20170525170206p:plain

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆